FC2ブログ
 
■プロフィール

RIMA

Author:RIMA
日々何かを勉強中。
感じた事を感じたまま
表現できるようになりたいです。
と思うのは普通ですが
実際に実行できるように
なりたいですっ。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
意味のない話をしっぱなし
こんなお話がありました


ある男がいました
その男は良く人に「ありがとう」と言う男でした
その男の元に天の神様がやってきました
神様は言いました
「お前はなぜそんなにありがとうと言うのだ」
男は言いました
「感謝をしているからです」
神様は言いました
「お前は何もわかってない 今後一切ありがとうと言えなくしてやる」

それから男は「ありがとう」が言えなくなりました
男は心配しました
これではみんなから嫌われてしまうのではないかと
しかし
男は誰からも嫌われることはありませんでした
男は思いました
「ありがとうを言わなくても大丈夫なんだ」

男の元にまた神様がやってきました
男は神様に言いました
「何も問題ありませんでした」
神様は言いました
「お前はまだ何もわかっていない。だが、ありがとうを言えるようにしてやる」

男は「ありがとう」が言えるようになりました
ただ使うことはありませんでした
すると
男はみんなから嫌われるようになりました

男はなぜかわかりませんでした
男は感謝の気持ちを忘れることがなかったし
いつもと変わらない行動をしていたからです

男の元に再び神様がやってきました
神様は言いました
「ありがとう がどういうものかわかったか」
男は言いました
「わかりません」
神様は言いました
「ありがとうはただの要素でしかない」
男は言いました
「それはどういう意味でしょうか」
神様は言いました
「意味など無いのだ」

男は意味がわかりませんでした
そのまま時が過ぎ
男に死が近づきました

神様が男の元にやってきて言いました
「ありがとうの意味がわかったか」
男は言いました
「たくさん考えましたが、やっぱりよくわかりませんでした」
神様は言いました
「お前はまだわかっていない だがお前が一番ありがとうの意味がわかっている」
男は言いました
「ありがとうに意味は無いのではありませんか」
神様は言いました
「意味がないからこそ 考えなくてはならないのだ」

神様はそれ以上何も言いませんでした
男は「ありがとう」を考えながら死んでいきました

おしまい



このお話を聴いて私は思いました

「長いなぁ」

おわり◎
スポンサーサイト


未分類 | 12:23:51 | Comments(1)
コメント
ぜんぜ~ん意味が分からな~い◎
意外に慣れてくると感謝の気持ちも薄れてくると思う。一言の気遣いが大切だと思うね。

でも、そんなの関係ねーことはねー!
2008-08-15 金 15:16:09 | URL | マーライオン(仮) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。